日本福音ルーテル 雪ヶ谷教会の歩み

 当教会は、1924年(大正13年)東京府下荏原郡平塚戸越にて、ルーテル東京教会の講義所として宣教を開始しました。1927年(昭和2年)に荏原教会として礼拝堂を献堂しましたが、1945年(昭和20年)の空襲で全焼。以後しばらく教会員宅にて集会を守り、1949年(昭和24年)に品川区西大崎に土地建物を取得し、日本福音ルーテル五反田教会と改称します。1953年(昭和28年)には附属幼稚園を設け、その活動は現在も引き継がれています。1960年(昭和35年)に大田区東雪谷に移転し、以後日本福音ルーテル雪ヶ谷教会として90年以上の宣教の歴史を刻んでいます。  今なお都内にあって「小さな教会」ではありますが、宣教の灯火を絶やすことなく活動を続けています。

季節の行事のお知らせ

2017.01.18 更新

●2017年の復活祭(イースター)のお知らせ
2017年の復活祭(イースター)は、4月16日(日)です。 4月16日(日)の礼拝は、通常の日曜日と同じく10:45から始まります。
どなたでも参加できます。
よろしければご出席ください。
>> 詳しくはこちら

2017.01.18 更新

●ルーテルバザーの変更について
長い間地域の方々に親しまれた「ルーテルバザー」は、幼稚園主催行事の「ルーテルこどもフェスティバル」へと生まれ変わりました。今後はこれまでのような、中古品の販売は取り扱わない予定です。これまで献品にご協力をくださった地域の皆様、本当にありがとうございました。
なお、2017年度幼稚園主催「ルーテルこどもフェスティバル」は、5月27日(土)に予定されています。 内容は、子ども向けゲームコーナーと小規模な食バザーとなります。どうぞお出かけください。